引越し ベイエリアの概要 生活の基本 領事館 教育
自動車 医療 保険 税金 お金
保険
【医療保険・生命保険】
いざというときのために入っておきたい各種保険。日本と異なり複雑なものも多いため、ここでもう一度おさらいしておこう。

アメリカの医療保険

■日本の医療保険との相違点
 国民健康保険のように国の制度として提供されている医療保険は、Medicare A&B(65歳以上の市民・永住権保持者用)とMedical(低所得者用)の2つがある。その他の市民は国営の医療保険が提供されないため、勤務先の会社を通し提供されるグループ医療保険に加入するか、個人用の医療保険に加入することになる。しかし、これらの医療保険会社は国営ではないため、加入者の審査や保険料を自動車保険などの損害補償保険と同様にリスク度で判断している。従って、医療費が最初から高額になると予想される者や、保険の使用頻度の高い加入者は保険会社にとって損失が出るために、1歳までの新生児や、65歳に近い高齢者の保険料を高く設定している。特に世界でも医療保険制度の良い国で育った日本国民にとっては信じられないことだが、民営だということを理解してほしい。 例えば、被保険者が毎月300ドルの保険料を支払い、国から補助を受けれない民営の保険会社が3000ドルの医療費を医療機関に毎月支払うようでは会社が経営できないためである。

 更に医療費が日本とは異なり、法外と言うほど高額である。例えば日本では2000円で受けられるような検査が、アメリカでは100倍の2000ドルかかることもある。風邪をこじらせて薬を入手するのに医者からの処方箋が必要なため、医者とアポを取り、たった10分問の問診でも200から300ドルかかるほどだ。従って保険会社はリスク回避のため、高額な医療費の出費を防ぐため、独自のネットワークを作って医者や医療機関を傘下に入れ、医療費をお互いに交渉し、高額な医療費を請求できないようにしている。


■保険内容
(Office Visit, Annual Deductible, Co-Insurance, Out of Pocket Maximum)
 日本では保険を使った場合、医療費の何割かを負担するのが一般的だが、アメリカでは医者との検診をOffice Visitと言い、検診費用(10〜40ドル)が決まっている。安いプランに加入すると、Office Visitは年に2回までと制限があり、高いプランほど制限がなく検診費用も安くなる。検診といっても問診に近く、医者からの助言や手法によっての検査だけであり、レントゲン、MRI、CT Scanなど医療器具を使用しての検査は対象外である。
 Annual Deductibleと言い、加入日から数え年間の免責(保険の効かない最初の自己負担額)がある、良いプランほど、Annual Deductibleが低くなるが毎月の保険料は高額になる。これはOffice Visitとは対象外で、医療器具を使用しての検査費用・治療費などが対象になる。この額を満たした後に、Co-insurance(日本で言う何割負担)があり、それが20%であれば、Annual Deductibleを充たした後の自己負担額は2割になる。
 更にOut of Pocket Maximumというのがあり、自己負担額に上限がある。Annual Deductible を満たした後、Co-insuranceを払い続け年間でこの上限を満たすと、被保険者はそれ以上の支払い義務がなくなる。日本の医療保険と異なり良いのは50万ドル以上の高額な手術費用を請求された場合、その2割を負担するのではなく、Out of Pocket Maximumの額を負担すればよい。

■オバマケア
 2014年1月1日より施行された通称「オバマケア」。アメリカで試みられているユニバーサルヘルスケア制度への取り組みだ。オバマケア(医療法改正案)による制度変更は、トランプ大統領の就任により今後の継続は未定だが、主に大きな項目を説明する。
1.既往症と病歴を理由に保険会社は、加入を拒否できない。その影響で保険会社は加入時から保険料よりも高い医療費の支払いを強いられるため保険料が上がった。
2.市民・永住者(ある特定の者を除く)は医療保険の加入が強制される。どの医療保険でも良い訳ではなく、国の指定する一定条件を満たした保険に加入する必要がある。加入しない者は、タックスリターン時に罰金を支払う。
3.保険加入はいつでも出来るわけではなく、法で定められた期間内でしか加入できない。特例もあり、以下の理由で余儀なく加入済みの保険を失った場合は加入が可能である。レイオフにより雇用主から提供されている保険を失った場合、州を隔てた引っ越し(日本からの赴任)、子供が26歳に満たした場合は家族の保険から外される、離婚により配偶者との保険を失った場合や新生児など。
4.一世帯辺りの取得年収に応じて、金銭的援助が受けられる。CA州では保険会社に直接申請するのではなくCovered Californiaというオンラインの保険取引所を通して申請する必要がある。

情報提供:有澤保険事務所
 

アメリカの生命保険

■「Term Life」と「Permanent Life」
 アメリカの生命保険は、掛け捨て型の「Term Life」と、積み立て型の「Permanent Life」に大別されている。「Term Life」は、掛け捨てで掛け金も安く、期限が10年、20年、30年などと設定されている。掛け捨て保険は保険金を保障するのみで、中途解約しても満期まで保有しても返戻金はない。一方、積み立て型の「Permanent Life」には、「Whole Life」、「Universal Life」、「Variable Universal Life」などがあり、掛け金は掛け捨て型にくらべて高くなるが、いずれも積立金があるのが特徴で、積立金を使ってローンを借り入れることもできる。

 一般的には、掛け捨て型の保険は、高額の保障が必要、幼い子どもがいる家庭、保険料を安く抑えたい、家や車のローン返済に備える、といったケースに適しているとされ、積み立て型の保険は、葬儀費用や老後の備え、貯蓄用に適しているといわれている。
自分だけのオリジナル結婚式を!経験豊富なプランナーがご予算に合わせた最高のプランをご提案します。

ハワイウエディングはもちろん、ロサンゼルス・サンフランシスコ・サンディエゴ・ビバリーヒルズ・ラスベガスなど、アメリカ西海岸のウェディング、挙式、パーティーは、I'z BRIDALにお任せください。
インスタフォローよろしくお願いします!

I'z BRIDAL
310-951-1302
有澤保険事務所

自動車保険をはじめ、火災保険、アンブレラ、ビジネス保険、労災保険、生命保険、健康保険などを取り扱う総合保険会社です。Farmers
Insurance、Blue Cross等のエージェントであり、日本語できめ細やかな安心のサービスを提供しています。

有澤保険事務所
2695 Moorpark Ave, Ste 101, San Jose, CA, 95128
http://www.arisawaagency.com

有澤保険事務所
(408) 449-4808
No Reproduction or republication without written permission
Copyright © BAYSPO, Inter-Pacific Publications, Inc. All Rights Reserved.