医療
アメリカの医療
病気や怪我をすると心細いもの。どの病院も予約をして受診するのが原則のアメリカ。日本とは違うアメリカの医療システムを知っておこう。

■アメリカの医療のしくみ

 アメリカの医療制度はとても複雑なので、いざという時に慌てないようその仕組みを簡単に理解しておくと便利。渡米後、医療保険に加入したら、内科や小児科、家庭科の医師リストからかかりつけのドクターを決めておく。自分の保険を使えるかどうか(ネットワーク所属の有無)は、保険会社のウェブサイトで確認。病気やケガの際にはまずかかりつけ医に相談するのが良いが、命にかかわるような状況、例えば激しい胸痛や頭痛、呼吸困難、麻痺、意識の混濁などでは直接、病院の救急部(ER)を受診する。救急車が必要なら911に電話。夜間や休日の緊急時には、予約のいらないUrgent Care(急病センター)がお勧め。
 アメリカでは多くの種類の薬が市販されている(OTC)。夜間の突然の痛みや発熱に備え、アセトアミノフェンやイブプロフェンを手元に置いておく。薬局チェーンブランドのジェネリック薬だとお金を節約できる。体格や年齢に合わせて用量を調整する。どの薬が良いかわからない時は店員に遠慮せず質問しよう。市販薬を試して数日で症状の改善がなければ、かかりつけ医を受診。
 ドクターのオフィスを受診するには予約が必要受診の際には保険証とcopay(サービス毎の一部自己負担金)の準備を忘れずに。初めてのオフィスではいくつかの書類の記入を求められるので、少し早めに訪れよう。紹介状などがあれば受付に提出。名前を呼ばれたら診察室へ。ナースの予診、血圧や体温の測定の後にドクターの診察。受診の理由、症状の説明のため、英語の得意でない人は予めメモを用意しておく。簡単な病気であれば、市販薬の内服などを勧められるが、検査や処方薬があればその説明がある。簡単な検査はオフィス内でできるが、X線検査や血液検査は一般に外の施設で行なわれる。検査のオーダー用紙をもらい該当の施設へ移動。予約が必要な検査かを確認する。オフィスを去る前に再診が必要なのか、電話で検査結果の説明があるのかを尋ねること。

 処方箋は市中の薬局へ持っていき、『Pharmacy』と表示のあるカウンターへ保険証と一緒に提出する。ここでもcopayの支払いあり。保険のない人は割引クーポンを活用しよう。飲み方や副作用について薬剤師に説明してもらう。薬を内服してもなかなか症状が改善しない、あるいは副作用が疑われる場合にはドクターに連絡して指示を仰ぐ。
 施設ごとで別会計になるドクターオフィスや病院、検査施設、薬局などの医療サービスはすべて別会計。Deductible(保険金支払い開始までの年間自己負担額)がある場合、後日それぞれの施設から請求書が送られてくる。同じ病院から複数の請求書が来ることも。保険会社からのEOB(給付説明書)を見て内容を確認したい。

情報提供 こばやしクリニック

■歯科


■歯科医療・歯科検診の重要性
 アメリカでは、日本以上に歯の健康を保つことが社会的なエチケットとして考えられている。口の中にある微生物は血液を通り、心臓やほかの臓器に影響を及ぼすこともあるため、アメリカでは歯の定期健診などを積極的に実施している。早期治療、予防治療に力を入れる事で、いろいろな大きな問題を防ぐことができる。

■普段の予防法など
 定期的に歯医者でチェックアップをすること。レントゲンや歯科器具などを使うことで肉眼では判断でき虫歯なども察知することができ、また、歯科医から歯磨きの仕方や回数についても指導してもらえる。自分の口腔全体の認識するためにも、かかりつけの歯医者とコミュニケーションをよく取り、予防や治療の方法を話し合うことも大切だ。

■インプラント治療
 最近では、インプラント治療はごく普通の歯科治療として世間一般に知られてきている。インプラント治療は人工的に作ったチタン合金製の「歯根」を顎の骨に埋めて、その上に被せ物を作って歯の機能を取り戻すという治療方法。従来はブリッジや入れ歯などを作らなければ、無くなった歯の機能を取り戻せなかったが、ブリッジや入れ歯は時間が経つにつれ問題が出ることが多かった。そのような治療に比べると、インプラント治療は一番自然に、無くなった歯の機能を取り戻すことができる。また、治療後もその部分をフロッシングするなど手入れが出来るので、虫歯や歯周病の予防もしやすくなる。ただし、他の歯科治療と同様に、インプラント治療でも難しいケースはたくさんあることを覚えておこう。歯科医に自分の理想などを詳しく説明した上で治療を進めていくと、より自分に適した治療に近づけるかもしれない。

情報提供 森田歯科医院


■カイロプラクティック

 カイロプラクティックとは「手による施術」という意味で、投薬や手術を行わずに腰痛、肩こり、頭痛などさまざまな症状を治療のこと。また、体全体の調子を整え、病気に対する抵抗力をも向上させ、人間の本来持っている自然治癒力を高め、健康を維持することが可能となる。

■医療としての
 カイロプラクティック
 米国で1895年にDr.David Palmerによって始められて以来、現在では200種類以上の異なる治療法が存在すると言われている。手技や器具によって骨格の歪みを矯正し、低周波装置や超音波装置によって痛みを和らげるのが主な治療法となる。また、筋肉治療や牽引などを行うこともあり、体全体の神経の流れを正し、血液やリンパ液の循環を良くする。背骨がずれたり、骨格が歪んだりすると、神経が圧迫され、そこに痛みが生じる。また、中枢神経は背骨の中を通っているため、手足や各臓器の機能にも影響を及ぼす可能性もある。カイロプラクティックでは、それらのずれや歪みを正すことで、さまざまな症状が改善される。骨のずれや歪みは、スポーツ障害、交通事故、不意のケガなどによること以外に、日頃の姿勢の悪さやコンピュータ、携帯電話使用時の姿勢が原因となる場合も少なくない。症状がある場合は悪化する前に、早期にカイロプラクティック治療を受けること。特に成長期は背骨が歪みやすい時期なので、お子さんの姿勢が気になったら、早期検診を。大切な背骨を守るため、大人も子供もカイロプラクティック治療を受ける事をお勧めする。

情報協力 ミッシマー寿美子

■健康診断

 病気の早期発見、早期治療の観点から、健康診断の重要性はいまさら言うまでもない。一般には症状に気付いてからでは、既に手遅れという癌の早期発見に努めるとともに、病気の早期発見は、より早く生活習慣を改め、生活習慣病といわれる病状の発症、進行を食い止める。健康診断は、その後の健康維持、管理に欠かせない資料を供給してくれる有効な手段といえる。

 一般検診の内容は、身体計測、診察血液検査、尿検査、便潜血検査、場合によっては胸部X線検査、心電図など。血液検査では、赤血球、白血球、電解質、糖、肝機能、腎機能、コレステロールのスクリーニングをする。また、婦人科検診としては子宮頚部癌細胞診、乳房X線検査が行われる。50歳以上の男性の場合は、PSA(前立腺癌のマーカー)を加えることもある。駐在員の企業健診の場合、会社によっては「会社の定める項目」というのが明記してあることがあり、そうでない場合も、厚生労働省の定める日本労働安全法に基づいていて、一般健診よりかなり精密な検査内容で、毎年実施することになっている。企業健診では上記の一般健診項目に加え、視力、聴力、体脂肪、肺機能検査、甲状腺、尿酸、リューマチ、アミラーゼ、炎症一般、鉄分、ABC型肝炎、微量癌物質、エイズ、ピロリ菌、食道・胃バリウム検査、腹部超音波検査、下腹部・子宮卵巣超音波、場合によっては胃カメラ、直腸ファイバー、大腸ファイバー等が組み合わせて行われる。
 クリニックによっては、健康診断の種類を駐在員の企業検診と一般のアメリカ式アニュアル・チェックアップ(Annual Check-Up)とに分けているところもある。健康診断でもちろん全てが分かるわけではないが、自分のため、家族のために、1年に1度、例えば自分の誕生日前後などに健康診断を計画すると継続しやすいかもしれない。

情報提供 日本ベイクリニック


有澤保険事務所

自動車保険をはじめ、火災保険、アンブレラ、ビジネス保険、労災保険、生命保険、健康保険などを取り扱う総合保険会社です。Farmers
Insurance、Blue Cross等のエージェントであり、日本語できめ細やかな安心のサービスを提供しています。

有澤保険事務所
2695 Moorpark Ave, Ste 101, San Jose, CA, 95128
http://www.arisawaagency.com

有澤保険事務所
(408) 449-4808
No Reproduction or republication without written permission
Copyright © BAYSPO, Inter-Pacific Publications, Inc. All Rights Reserved.