マッカートニー 両スタジアムが交渉

キャンドルスティックパーク最後のイベントに、元ビートルズのポール・マッカートニーに出演交渉が行われている件で、マッカートニーにはリーバイスタジアムからもオープンイベントの依頼があることが発覚した。クロニクル紙によると、昨年マッカートニーがゴールデンゲートパークのフェスに出演したとき、エド・リーSF市長が、1966年にビートルズ最後の有料コンサートを開催したのがキャンドルスティックパークである縁で、パーク最後のイベントへの出演を持ちかけていたという。先月マッカートニーのスタッフがキャンドルスティックパークを視察したとき、リーバイスタジアムにも出演依頼があることを知って市の担当者は驚いたという。(4月14日)

 大学見学ツアーバス 事故10人死亡

サクラメントから北のハイウェイ5号で10日の午後、大型バスとフェデックス・トラックの正面衝突事故が起き、11日までに計10人の死者が出た。この事故では衝突後に爆発と火災が起き、バスとトラック双方の運転手が死亡した他、バスに乗っていたハンボルト州立大学の見学ツアーに来ていた南カリフォルニアのハイスクールグループから学生3人と付き添いの大人5人、計10人が死亡した。11日に病院で死亡したのは、26歳の男性カウンセラー・リクルーターで、身体の95%に火傷を負ったのが死因だった。(4月11日)

 リーバイスタジアム 芝の配達間近

サンタクララに建設中の49er’sの新スタジアム、リーバイスタジアムで、フットボール場用の芝生が間もなく配達されることがわかった。シリコンバレーから車でおよそ2.5時間かかる、セントラルバレーのリビングストンの栽培場では、リーバイスタジアム用の芝生が昨年9月から栽培されており、出荷時にはトラック13台に分けて配送されるという。リビングストンは土壌が芝生の栽培に適しているため、カリフォルニア州内の複数のスタジアム以外にアリゾナ州のスタジアム用にも芝生が栽培されている。(4月10日)

 UCSF認知症研究 ボランティア募集

UCサンフランシスコの研究グループが8日、アルツハイマー病、パーキンソン病、うつ病、PTSDなどの脳疾患と神経系疾患の研究に参加するボランティア募集を開始した。ブレイン・ヘルス・レジストリーと名付けられたボランティアのデータベースは、サンフランシスコ・ベイエリアで2017年までに10万人の募集を目標としており、開始前のテストフェーズですでに2000人が申し込んでいる。応募者は簡単な家族の病歴、認知症の人の有無などの質問に答え、記憶力、集中力、反射神経などのテストを受ける。レジストリーではあらゆる健康状態の人を募集しているという。(4月9日)

 ファラロン島から遠泳 47年ぶり成功

コロラド州在住の男性がファラロン島からミューアビーチまでの30マイル(48キロメートル)を約16時間かけて泳ぎきった。このコースの遠泳で成功者が出たのは47年ぶり。遠泳に成功したクレイグ・レニングさん(34)は、ベイエリアの遠泳グループ、ザ・ナイト・トレイン・スイマーズのメンバーらと、8日の午前6時ごろにスタート、ウェットスーツを着ないで泳ぐため身体にオイルを塗って体温を保ち、30分毎にプロテイン飲料や水、炭水化物を摂取して泳ぎ続けた。周辺の海域は海流が激しく海水の温度が低いことや、サメ、クラゲなどが多いことでも泳ぎ続けることが困難で、これまでこのコースの遠泳を成功させた人は3人のみで、最も最近の成功例は1967年だった。(4月9日)

 死者昨年の3倍 インフルシーズン終了

カリフォルニアで65歳以下の死者が355人で、昨年の同じ年齢層の約3倍の死亡者を出した、今年のインフルエンザシーズンの終了の見込みが発表された。死者の数は2009年の豚インフルエンザ(H1N1)の蔓延時の539人にも近かった。専門家によれば、今年のインフルエンザ予防接種は6月1日までで期限が切れるが、9月までは予防能力が継続するので、まだ受けていない人は接種を受けることが勧められている。(4月8日)

 SJ市庁舎で ハヤブサ孵化

サンノゼの市役所建物の屋根部分にあるハヤブサの巣で8日の朝、3羽のヒナが孵化したことが確認された。母鳥のクララは今年は4個を産卵、8日の午前8時までには2羽が孵化し、少し後でもう1羽が孵化した。残り1個の卵はまだ孵化していない。クララにとってここでの繁殖は2007年から8年目で、これまで孵化したヒナは28羽となった。オスのフェルナンドは今年で2年目という。(4月8日)

 カフェで窃盗容疑 SFの女を逮捕

サンフランシスコのコーヒーショップ店内で、他の客がトイレに立った隙にパソコンやスマホを盗んだ女が7日、市内の店で逮捕された。逮捕されたポール・ライアン(32)は、4日の午後にノブヒルにあるコーヒーショップで、女性客のパソコンとスマホを盗んだ様子が店内防犯カメラに写り、その映像が地元テレビ局やネットのニュースで放映されていた。7日にクレイ・ストリートにあるコーヒーショップで容疑者が入店したところで、人相と服装を覚えていた従業員が通報し、店に現れた警官に逮捕された。(4月8日)

 気持ホーム サンマテオで着工へ

日本語でのシニアプログラムを提供している気持会が、サンマテオで新しく気持サンマテオの開設場所を発表、今秋開設の予定を明らかにした。気持サンマテオでは14人の居住型ケアプログラム提供を予定しており、サンフランシスコで1983年に設立された「気持ホーム」をモデルとして、デイサービス、送迎、ランチ宅配プログラムの提供を予定している。気持では建設費と設備費用として資金250万ドルを目標額として、1万ドルのマッチングキャンペーンの他、資金調達キャンペーンを引き続き行っている。(4月8日)

 スマートカー狙い SFでいたずら

サンフランシスコ市内で6日から7日にかけて、複数のスマートカーが何者かによって駐車中に横転、または天井を下にした反転状態にされる被害にあった。被害にあったのは計4台で、被害車両の写真を撮影した男性は、急ブレーキで車が止まる音がして、何かが当たる音、その後急発進で走り去る音を聞いたとし、衝突事故ではないようだとした。小型車のスマートカーは重さが1600ポンド(725キログラム)程度なので、過去にも同様にいたずらのターゲットになったことがあり、専用のフェイスブックページもあるという。警察ではサンフランシスコ市内では今回がはじめてとした。(4月7日)

 クィディッチW杯 SJSUチーム他出場

J・K・ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズに登場する、魔法使いや魔女が空を飛ぶ魔法のほうきに乗って行う架空の球技、クィディッチのワールドカップが5日と6日、サウスカロライナ州マートルビーチで開催され、ベイエリアからはサンノゼ州立大学、スタンフォード、UCバークレーのチームほか、マウンテンビューの市民チームが参加した。ワールドカップを主催する国際クィディッチ協会によると、大会には約1600人の選手が参加し、4000人以上の観客が見込まれた。実際のスポーツとしてのクィディッチは、2005年にバーモント州のミドルバリー大学で始まり、現在全米に300以上、カナダ、オーストラリアなどにもチームがある。(4月4日)

 ダイヤ入れ替え 再来店し捕まる

サンマテオ・ダウンタウンの宝石店で、偽物を使ってダイヤモンドの指輪とダイヤの裸石を万引きした女が、同じ店に再度来店したところ逮捕された。パロアルト在住のアンジェラ・ウォーカー(45)は、3月27日の午後2時ごろ、イースト・フォース・ストリートにある宝石店に来店、ショーケースから指輪と石を出すように頼み、店員がその場を離れたすきに指輪を盗み、ダイヤをキュービックジルコニアと入れ替えたとみられている。容疑者が「もう一度見に来たい」と言って立ち去った後、店員が石の入れ替えと指輪が無いことに気づいたという。店で記した連絡先は実際のもので、警察が再度来店するよう促したところ31日に来店、盗難品のネックレスを転売しようとして逮捕された。自宅からは盗品とみられる宝飾品が多数見つかり、他店でも同様の手口で犯行を重ねていた疑いがある。(4月4日)

 祖父作のスロープ 孫を助ける

数十年前に祖父と当時10歳だった父親が作った車椅子用のスロープが孫の役に立つことになった。サラトガ郊外のキャンプ施設ウォルデン・ウエストは、サウスベイの多くの学校が林間学校として使用する場所で、今週車椅子でキャンプに参加しているのは、子どものころスロープを作るのを手伝ったというティム・ハミルトンさんの娘で、生まれつき身体に障害があり、呼吸器と電動車椅子を使用しているフェイスさん(11)。自分が作ったスロープが、数十年後に娘の役に立ったことについて、ティムさん夫妻は「不思議」「すごい」と感想を述べていた。(4月3日)

 バート新車両 一般公開へ

ベイエリア各地で16日からバートの車両内外の新デザインが公開されることになった。新車両は、低い位置のつり革を追加、天井を高くして、1車両につき自転車用スペース3台、椅子席を減らし立つスペースの拡大、エアコン機能の改善など、乗客の要望が反映されているという。新車両は2015年からテストを開始、テスト完了後の2017年から本格導入が開始される予定。新車両の一般公開日時と場所は、16日がジャスティン・ハーマンプラザ、18日がウエスト・オークランド・ステーション、21日がフリーモント駅、25日がシビックセンター・プラザなどで、5月までに計10回予定されている。(4月3日)

 SF映画祭で 『パロアルト』上映

俳優ジェームス・フランコ原作による映画『パロアルト』が、24日から5月8日にかけて行われる第57回サンフランシスコ映画祭で、センターピース作品として上映されることが発表された。 『パロアルト』はフランシス・コッポラの孫、ジア・コッポラが監督した作品で、スクリーニングにはコッポラが出席する予定。サンフランシスコ映画祭では映画、短編映画など、56カ国からの作品168本が上映される。(4月2日)

 SFのスノーボーダー 山で一夜過ごす

レイクタホの北で1日、スノーボード中に行方不明になっていた、サンフランシスコのスノーボーダーの男性が、一夜明けて2日の夜に自力で下山した。エイブ・フィンケルシュタインさん(25)は、1日の午後5時すぎごろに、最後にもう一度だけ滑ると言って、それまで一緒だった父親と別れたが、その後、悪天候になり待ち合わせ場所に戻ってこなかったので、夜になって捜索願が出され、約50人の捜索隊が出動した。軽い凍傷を負ったのみで無事だったフィンケルシュタインさんは、夜間は木の枝とスノーボードで吹雪を遮って休み、民家のある所まで歩いて下山したという。(4月2日)

 エド・リー夫妻 年間旅費9.5万ドル

エド・リーSF市長とアニタ夫人が、昨年1年間に海外の姉妹都市などに出かけた総費用が9万5000ドルを超えていた事が発表された。主な内訳は、3月に姉妹都市のパリに夫妻で出かけた際の費用が約2万2000ドル、10月の上海との姉妹都市協会による中国・韓国招待旅行が約2万2000ドル、中国潮州市との姉妹都市関係を結ぶ旅行が約1万4000ドル、11月末のインドのバンガロールへの姉妹都市関連の旅行費用が約2万ドルだった。市長の秘書は「市長の旅は100%ビジネスで、経済効果を高めるため外国でサンフランシスコを宣伝している」としている。(4月2日)

 芝生タギング 被害拡大

サンノゼ市内で、民家の前庭の芝生に除草剤と見られるものをまき、同じ通りにある複数の家で芝生が茶色に変色する被害が起きている。集中した被害が出ているのは、サンノゼ市内西部のモアランド・ウェイ沿いで、住民らはミーティングを開いて対策を練り、寄付1000ドルを集めて犯人特定の情報提供者への賞金とすることを決定、防犯カメラを設置するなどの対策を取った。最初の芝生タギングは2012年のハロウィンで、その時は芝生に線が入る程度の小規模な被害だったことと、ハロウィンの時期だけのいたずらと見て放置していたが、今回はおよそ30軒にも被害が拡大、被害の程度もひどくなっている。(4月1日)

 崖下で発見 不明の高齢男性

2月26日から行方がわからなくなっていた、サンラファエル在住の高齢男性の乗用車が、ボリナス北のハイウェイ1号線の崖から100フィート下で発見された。カルトランスが通常業務としての道路の検査を行っていて、崖下にある車を発見、車内には不明男性と見られる遺体があった。車内にあった車検証などで不明の男性(93)が所有する車だとわかったが、引き上げた後に遺体の身元確認が行われる。男性はコーテ・マデラで孫娘と食事をして以降1カ月以上行方がわからなかった。車が見つかった位置は木が茂っており、上の道を車で通っても見つけるのは不可能とみられている。(4月1日)

お買い得・新入荷情報♪

JFCインターナショナル サンフランシスコ支店より今だけのお買い得情報や新入荷商品のお知らせをお届けします。


JFC INTERNATIONAL INC 
サンフランシスコ支店
540 Forbes Blvd.
South San Francisco, CA 94080

Tel: 650-873-8400
Fax: 650-952-3276
WEBサイト:www.jfc.com

続きを見る…

JFC INTERNATIONAL INC 
650-873-8400
有澤保険事務所

自動車保険をはじめ、火災保険、アンブレラ、ビジネス保険、労災保険、生命保険、健康保険などを取り扱う総合保険会社です。Farmers Insurance、Blue Cross等のエージェントであり、日本語できめ細やかな安心のサービスを提供しています。

有澤保険事務所
(408) 449-4808
ベイスポであなたのお店を紹介しませんか?

最新の日系コミュニティ情報やベイエリア生活に役立つ情報満載の週刊ベイスポに新規オープン・リニューアルオープン店等、ベイスポで紹介してみませんか?
詳しくはベイスポ営業部まで。


No Reproduction or republication without written permission
Copyright © BAYSPO, Inter-Pacific Publications, Inc. All Rights Reserved.