全身防護服 売れ行き伸びる

エボラ出血熱の感染を恐れて、ベイエリアでも防護服やフェイスカバーを買う人が増えているとみられている。マウンテンビューにあるミリタリー関連商品を販売するサープラス・ショップでは、ここ2週間で数百着のビニール製全身スーツが売れ、フード付きフェイスシールドは売り切れ状態。同店のオーナーによると、毎年ハロウィンのコスチュームとして売れるスーツの数は多くても50着程度という。オーナーは今回の売れ行きの伸びについて、「自己防衛したいと考えるのは当然だと思う。私でもそうするだろう」と述べた。(10月19日)

 女性を車でひき 20歳の男逮捕

イーストベイのバレホで、以前交際していた女性と他1人を、車でひいた男が殺人未遂容疑で逮捕された。逮捕されたアメリカン・キャニオン在住のジョン・ルーク・ラポルテ(20)容疑者は、18日の午後1時30分ごろ、ピックアップ・トラックで女性をひいた後逃げたが、警察が到着した後に現場に戻ってきた。男は警官が停車を求めたのを無視して再び逃走、警察は追跡後逮捕した。女性らは軽傷で病院で手当てを受けた。(10月19日)

 91年前のスフィンクス 砂浜で発掘作業

サンルイス・オビスポの南にある海岸で、サイレント映画の大道具として使用されたスフィンクスと寺院セットの発掘が行われている。グアダルーペ・ニポモ・デューンに埋まっているのは、セシル・B・デミル監督の映画『十戒』に使用されたもので、この映画の撮影が終了した1923年に埋められていた。砂の下には石膏で作られたスフィンクスが21体埋まっているとされている。掘り起こされて修復された後は、発掘費用の12万ドルを集めたグアダルーペ・ニポモ・デューン・センターで展示される予定という。(10月18日)

 エボラ出血熱 911職員にマニュアル

サンフランシスコの緊急対策業務部が16日、911番通報で出動する救急スタッフ向けのエボラ出血熱の対応マニュアルを作成した。ベイエリアの病院でもスタッフ研修などが始まっており、13日にはカイザー・パーマネンテ病院が緊急治療室、外来、コールセンタースタッフへの研修を開始、感染が疑われる場合の対応の研修を行っていた。また、カリフォルニア州は16日、米疾病対策センター(CDC)と国土安全保障省(ホームランド・セキュリティ)に、州内の空港をエボラ出血熱のスクリーニングを実施する空港のリストに追加することを要請していた。(10月17日)

 拳銃など70丁 押収される

オークランド在住の男が武器の違法所持容疑などで逮捕され、警察が2軒の住宅からライフルなど70丁を押収した。逮捕されたアレックス・コンレイ容疑者(26)は、警察が銃の違法売買に関連して7月から続けていた捜査の捜査対象となっていた。先週、イースト・オークランドの住宅など2軒への捜査令状が出され、ショットガン、ピストルなどの武器と多数の弾薬が押収された。(10月15日)

 AT&T球場で 駐車料はね上がる

サンフランシスコ・ジャイアンツのナショナル・リーグ優勝決定戦が行われたAT&T球場周辺の駐車料金がはね上がりをみせている。15日に行われた第4戦では、球場周辺で80ドルの駐車料金の表示がみられ、14日、15日ともに周辺の駐車場は軒並み70〜100ドルに値上がりしていた。駐車場の従業員によると、2年前にチームがワールドシリーズに進出したときには、1試合の駐車料金が150ドルになったこともあったという。球場の駐車場はシーズン中が35ドルのところ、地区シリーズの際は40ドルに、リーグ優勝戦では45ドルに値上げされていた。(10月15日)

 虹色のトンネル 改名を議題に

虹色に塗られたウォルド・トンネルの名前を、8月に死去した地元出身のコメディアン、ロビン・ウィリアムズさんの名前に改名することが、12月のサンフランシスコ議会で議題として取り上げられることがわかった。改名を求める署名活動では5万5000人分の署名が集まっているという。このトンネルは1970年に虹色に塗られ、映画『ダーティ・ハリー』などでも、サンフランシスコのランドマークとして登場しており、ウィリアムズさんが有名になったTV番組内で、虹色のサスペンダーを身につけていたことから同トンネルが選ばれたもの。有名になった後もウィリアムズさんはサンフランシスコ市内に自宅を構え、亡くなる前はティビュロンに住んでいた。(10月14日)

 殿堂入り名選手 退院後すぐ球場に

サンフランシスコ・ジャイアンツの殿堂入り選手、ウィリー・マッコビー(76)が、病院から退院後すぐにAT&T球場でプレイオフシリーズ第3戦を観戦していたことがわかった。先月より感染症の悪化で入院していたマッコビーは14日に退院、その日のゲームを見に来ていたもの。発表した声明でマッコビーは、「シーズン終了後のゲームの一球一球すべて見ていた。今日はセントルイスから帰ってきたチームを歓迎するファンと一緒にいることができてうれしい」と述べていた。ジャイアンツのオーナーも、「マッコビーが観戦してくれたのは素晴らしい」としていた。(10月14日)

 週刊「ベイ・ガーディアン」 廃刊を発表

サンフランシスコの週刊紙「ザ・ベイ・ガーディアン」が経営難により廃刊することとなった。14日に廃刊を発表した同紙の最終号は15日に発行される。社員全員に廃刊と解雇が発表されたのは14日の午前10時で、同紙のフェイスブックページなどはすでに閉鎖されているという。「ザ・ベイ・ガーディアン」は1966年に設立、2012年には「サンフランシスコ・エグザミナー」、「SFウィークリー」を発行するサンフランシスコ・メディアに買収されていた。(10月14日)

 巨大パンプキン 993キロで優勝

ハーフムーンベイで13日に行われた、第41回巨大パンプキンコンテストで、ナパで農家を営む男性が栽培した、重さ2058ポンド(約993キログラム)のパンプキンが優勝した。優勝したジョン・ホーキーさんはパンプキンをたたきながら、「こいつには特別な愛着がある」と述べ、「パンプキンが大きければその分笑顔も大きくなる」と喜びを語った。2058ポンドは北米でのこれまでの記録を破り、世界記録には38ポンド(17キログラム)足りなかった。ホーキーさんには1ポンドあたり6ドルの優勝賞金と、州記録を破ったボーナス1000ドルの合計1万3348ドルが授与された。(10月14日)

JFCがお薦めする日本酒七選

JFCインターナショナル サンフランシスコ支店より今だけのお買い得情報や新入荷商品のお知らせをお届けします。


JFC INTERNATIONAL INC 
サンフランシスコ支店
540 Forbes Blvd.
South San Francisco, CA 94080

Tel: 650-873-8400
Fax: 650-952-3276
WEBサイト:www.jfc.com

続きを見る…

JFC INTERNATIONAL INC 
650-873-8400
有澤保険事務所

自動車保険をはじめ、火災保険、アンブレラ、ビジネス保険、労災保険、生命保険、健康保険などを取り扱う総合保険会社です。Farmers Insurance、Blue Cross等のエージェントであり、日本語できめ細やかな安心のサービスを提供しています。

有澤保険事務所
(408) 449-4808
ベイスポであなたのお店を紹介しませんか?

最新の日系コミュニティ情報やベイエリア生活に役立つ情報満載の週刊ベイスポに新規オープン・リニューアルオープン店等、ベイスポで紹介してみませんか?
詳しくはベイスポ営業部まで。


No Reproduction or republication without written permission
Copyright © BAYSPO, Inter-Pacific Publications, Inc. All Rights Reserved.