全身防護服 売れ行き伸びる

エボラ出血熱の感染を恐れて、ベイエリアでも防護服やフェイスカバーを買う人が増えているとみられている。マウンテンビューにあるミリタリー関連商品を販売するサープラス・ショップでは、ここ2週間で数百着のビニール製全身スーツが売れ、フード付きフェイスシールドは売り切れ状態。同店のオーナーによると、毎年ハロウィンのコスチュームとして売れるスーツの数は多くても50着程度という。オーナーは今回の売れ行きの伸びについて、「自己防衛したいと考えるのは当然だと思う。私でもそうするだろう」と述べた。(10月19日)

 女性を車でひき 20歳の男逮捕

イーストベイのバレホで、以前交際していた女性と他1人を、車でひいた男が殺人未遂容疑で逮捕された。逮捕されたアメリカン・キャニオン在住のジョン・ルーク・ラポルテ(20)容疑者は、18日の午後1時30分ごろ、ピックアップ・トラックで女性をひいた後逃げたが、警察が到着した後に現場に戻ってきた。男は警官が停車を求めたのを無視して再び逃走、警察は追跡後逮捕した。女性らは軽傷で病院で手当てを受けた。(10月19日)

 91年前のスフィンクス 砂浜で発掘作業

サンルイス・オビスポの南にある海岸で、サイレント映画の大道具として使用されたスフィンクスと寺院セットの発掘が行われている。グアダルーペ・ニポモ・デューンに埋まっているのは、セシル・B・デミル監督の映画『十戒』に使用されたもので、この映画の撮影が終了した1923年に埋められていた。砂の下には石膏で作られたスフィンクスが21体埋まっているとされている。掘り起こされて修復された後は、発掘費用の12万ドルを集めたグアダルーペ・ニポモ・デューン・センターで展示される予定という。(10月18日)

 エボラ出血熱 911職員にマニュアル

サンフランシスコの緊急対策業務部が16日、911番通報で出動する救急スタッフ向けのエボラ出血熱の対応マニュアルを作成した。ベイエリアの病院でもスタッフ研修などが始まっており、13日にはカイザー・パーマネンテ病院が緊急治療室、外来、コールセンタースタッフへの研修を開始、感染が疑われる場合の対応の研修を行っていた。また、カリフォルニア州は16日、米疾病対策センター(CDC)と国土安全保障省(ホームランド・セキュリティ)に、州内の空港をエボラ出血熱のスクリーニングを実施する空港のリストに追加することを要請していた。(10月17日)

 拳銃など70丁 押収される

オークランド在住の男が武器の違法所持容疑などで逮捕され、警察が2軒の住宅からライフルなど70丁を押収した。逮捕されたアレックス・コンレイ容疑者(26)は、警察が銃の違法売買に関連して7月から続けていた捜査の捜査対象となっていた。先週、イースト・オークランドの住宅など2軒への捜査令状が出され、ショットガン、ピストルなどの武器と多数の弾薬が押収された。(10月15日)

 AT&T球場で 駐車料はね上がる

サンフランシスコ・ジャイアンツのナショナル・リーグ優勝決定戦が行われたAT&T球場周辺の駐車料金がはね上がりをみせている。15日に行われた第4戦では、球場周辺で80ドルの駐車料金の表示がみられ、14日、15日ともに周辺の駐車場は軒並み70〜100ドルに値上がりしていた。駐車場の従業員によると、2年前にチームがワールドシリーズに進出したときには、1試合の駐車料金が150ドルになったこともあったという。球場の駐車場はシーズン中が35ドルのところ、地区シリーズの際は40ドルに、リーグ優勝戦では45ドルに値上げされていた。(10月15日)

 虹色のトンネル 改名を議題に

虹色に塗られたウォルド・トンネルの名前を、8月に死去した地元出身のコメディアン、ロビン・ウィリアムズさんの名前に改名することが、12月のサンフランシスコ議会で議題として取り上げられることがわかった。改名を求める署名活動では5万5000人分の署名が集まっているという。このトンネルは1970年に虹色に塗られ、映画『ダーティ・ハリー』などでも、サンフランシスコのランドマークとして登場しており、ウィリアムズさんが有名になったTV番組内で、虹色のサスペンダーを身につけていたことから同トンネルが選ばれたもの。有名になった後もウィリアムズさんはサンフランシスコ市内に自宅を構え、亡くなる前はティビュロンに住んでいた。(10月14日)

 殿堂入り名選手 退院後すぐ球場に

サンフランシスコ・ジャイアンツの殿堂入り選手、ウィリー・マッコビー(76)が、病院から退院後すぐにAT&T球場でプレイオフシリーズ第3戦を観戦していたことがわかった。先月より感染症の悪化で入院していたマッコビーは14日に退院、その日のゲームを見に来ていたもの。発表した声明でマッコビーは、「シーズン終了後のゲームの一球一球すべて見ていた。今日はセントルイスから帰ってきたチームを歓迎するファンと一緒にいることができてうれしい」と述べていた。ジャイアンツのオーナーも、「マッコビーが観戦してくれたのは素晴らしい」としていた。(10月14日)

 週刊「ベイ・ガーディアン」 廃刊を発表

サンフランシスコの週刊紙「ザ・ベイ・ガーディアン」が経営難により廃刊することとなった。14日に廃刊を発表した同紙の最終号は15日に発行される。社員全員に廃刊と解雇が発表されたのは14日の午前10時で、同紙のフェイスブックページなどはすでに閉鎖されているという。「ザ・ベイ・ガーディアン」は1966年に設立、2012年には「サンフランシスコ・エグザミナー」、「SFウィークリー」を発行するサンフランシスコ・メディアに買収されていた。(10月14日)

 巨大パンプキン 993キロで優勝

ハーフムーンベイで13日に行われた、第41回巨大パンプキンコンテストで、ナパで農家を営む男性が栽培した、重さ2058ポンド(約993キログラム)のパンプキンが優勝した。優勝したジョン・ホーキーさんはパンプキンをたたきながら、「こいつには特別な愛着がある」と述べ、「パンプキンが大きければその分笑顔も大きくなる」と喜びを語った。2058ポンドは北米でのこれまでの記録を破り、世界記録には38ポンド(17キログラム)足りなかった。ホーキーさんには1ポンドあたり6ドルの優勝賞金と、州記録を破ったボーナス1000ドルの合計1万3348ドルが授与された。(10月14日)

 玄関先に大蛇 警官が捕獲

マウンテンビューで、民家の玄関前のポーチに大きなヘビがいるのが見つかった。ヘビはレッドテールボアという種類で、太さは男性の腕ぐらいあり、成長すると最大全長5m位にもなる。ヘビは大人しく、どこかでペットとして飼われていたと見られ、警官によって袋に入れられ、シリコンバレー・アニマル・コントロールに引き取られた。オーナーは見つかっていないという。(10月10日)

 オポッサム殺した 従業員に虐待罪

サンタクルーズのピザ・レストランで、オポッサムの子どもを殺処分した従業員が動物虐待の罪に問われた。サンタクルーズ・カウンティ・アニマルシェルターによると、市内ピザ・レストランで4日、従業員の1人がオポッサムの子どもにブリーチをかけて殺処分しようとした。他の従業員が、最寄りの野生動物レスキューセンターに運んだがオポッサムは死んだ。動物虐待防止法の違反の罪に問われた従業員は、間違った行動だったことを認め反省しているという。(10月10日)

 ケイパニック罰金 ヘッドフォン着用で

フットボールチーム49er’sのクォーターバック、コリン・ケイパニック選手が、試合後の記者会見にスポンサー契約を結んでいる企業と違うメーカーのヘッドホンを着けていたことで、1万ドルの罰金に課されることが明らかになった。8日の試合後にケイパニックが首からかけていたのは、ビーツ・バイ・ドレのピンクのヘッドホンで、先週、NFLがボーズとの契約を結び、試合後の90分間は、選手がカメラの前で他社のヘッドホンを着用することが禁じられていた。罰金はケイパニックか、ビーツ・バイ・ドレ側が支払うのかは不明。(10月9日)

 心臓移植後 30年が経過

レッドウッドシティ在住の女性の心臓が移植を受けてから30年が経過、同じ移植臓器での生存年数がアメリカで最も長いことが明らかになった。30年前に当時最年少の2歳で心臓移植を受けた、リジー・クレーズさん(32)は、その時に移植された心臓が現在も機能しており、現在は結婚していて、趣味はランニング。先日サンノゼで行われたロックンロール・ハーフマラソンを完走した。クレーズさんは、「私が移植手術を受けた時は、生存できるのは5〜10年と考えられていたので、30年というのはすごいことだと思う」と述べた。(10月9日)

 水不足のナパ ブドウの質は上出来

ナパ、ソノマ両郡のワイナリーでブドウの収穫がはじまり、水不足と地震にもかかわらず、今年のブドウは味と質が大変良いといわれている。水不足に関しては、今年2月にナパでは雨が降ったが、それでもブドウ畑での水やりが控えられていた。しかし、先月起きたナパの地震で地盤が緩み、地下水源から地下水が流出したことで、小川に再び水が流れ出していたという。ブドウ生産者は、「今年のブドウはパーフェクト。素晴らしいクオリティだ」と述べている。(10月9日)

 スタンフォード教授 ノーベル化学賞受賞

8日に発表されたノーベル化学賞で、スタンフォード大学のウィリアム・モーナー教授が、米ハワード・ヒューズ医学研究所のエリック・ベッツィグ氏、独マックス・プランク研究所のステファン・ヘル氏と共同で超解像光学顕微鏡を開発した功績が認められ、同賞を受賞した。通常の光学顕微鏡では0.2マイクロメートルまでの観察が限界といわれていたが、超解像光学顕微鏡の開発により、ナノの世界も観察できるようになった。この技術を使い、モーナー教授は、ハンチントン病に関連した蛋白質の研究を行っている。(10月8日)

 ジーナ・デイビス YMCA昼食会に出席

女優のジーナ・デイビス(58)が9日、サンタクララ・コンベンションセンターで行われた、YMCAの昼食会にキーノート・スピーカーとして出席した。映画、『セルマ・アンド・ルイーズ』、『ザ・フライ』などにも出演したデイビスは、市民団体ステータス・オブ・ウィメン・アンド・ガールズのカリフォルニア支部のチェアマンでもある。昼食会は、社会的・文化的性差別と不平等を払拭するための資金を集める目的で開かれ、一般にも公開されていた。(10月8日)

 リスに直撃され 自転車レース中転倒

ソノマ・カウンティで4日に開かれていた、チャリティ自転車レース、リーバイス・グランドフォンドのレース中、リスに自転車を直撃された男性が転倒、頭を強く打って顔などにけがをした。オークランド在住の47歳の男性は、ヘルメットをかぶっていたが脳震とうを起こし、サンタローザ・メモリアル病院に搬送された。自転車の車輪のスポークの間に挟まったリスはその後死んだ。グランドフォンドを開始したプロレーサーのリーヴァイ・ライプハイマーは、病院にこの男性を見舞い、「リスと自転車の衝突事故は聞いた事がない」と話したという。(10月8日)

 20歳の大学生 ハサミで母を刺殺

20歳の男子大学生が、ヘイワードの実家で母親をハサミで刺して殺害、逮捕された。UCサンタクルーズに在学するジョセフ・バリアディ容疑者は、4日の午後6時50分ごろ、母親のローズマリーさん(57)の頭を複数回刺して殺害、実家にいたチワワ犬3匹も殺した疑い。通報したのは隣人で、容疑者の祖母が来て通報してほしいと頼んだという。警官が到着した時、容疑者は手や服に血をつけたまま表の通りに出ていた。(10月7日)

 林で不明の16歳 2日後に無事発見

メンドシーノの林の中で、ハンティング中に行方不明になっていた少年が2日後に無事見つかった。クリストファー・ノボスくん(16)は、家族とキャンプに来ていて、4日の午後に父親らとはぐれた。捜索は4日の夜から、複数のエージェントが協力して行われていたが、2日間クリストファーくんを見つけることができず、6日の昼頃にイール・リバー近くにいるところを発見したときには軽い脱水症状を起こしていたが無事だった。はぐれたときに少量の水と食料、ライフルを持っていた。(10月7日)

 フリートウィーク 今年は再開

昨年キャンセルされていた航空ショーのフリートウィークが今年再開され、アクロバット飛行で知られる航空部隊ブルーエンジェルスがベイエリアに到着した。6日にはアメリカ海軍の新しい強襲揚陸艦USSアメリカがサンフランシスコ湾に入港したほか、海岸警備隊のエアステーションでは、米海兵隊輸送機のMV-22オスプレイ一機が展示されていた。ブルーエンジェルスは9日より練習飛行を開始、フリートウィークは10日から13日の日程で開催され、船のパレード、船内ツアーなどのイベントが予定されている。(10月7日)

 リーバイスタジアム トイレで殴り合い

サンタクララのリーバイスタジアムで5日の試合中に、男性トイレで男性4人による殴り合いが起きていたことがわかった。試合開始の数分前に、トイレの順番についての口論が発展して騒ぎとなったもので、数分後には警備員が到着して事態をおさめたが、2人がけがをして病院に搬送された。6日になってユーチューブで配信された、その時の様子を撮影した動画では、混雑した男子トイレ内で、男が一人の男性を3回殴りつけ、男性が床に倒れると、もう一人の男が別の男性に殴りかかっていた。(10月6日)

 財布泥棒 犯行ビデオ公開

ウォルナットクリーク警察は、財布泥棒というニックネームが付いた窃盗犯の犯行の一部始終が映っているビデオと、盗んだカードで買い物をして店を出る瞬間をとらえたビデオを公開、犯人の特定につながる情報を求めている。最初のビデオは29日に、カフェで食事をしている女性の背後の席に座った女が、上着を脱ぐふりや自分のバッグを整理するふりをして、床に置かれている女性のバッグに手をのばして財布を取リ、中身を抜き取った財布を元に戻し立ち去るまでが映っている。3日にリリースされたビデオでは、カートを押して立ち去る女が映っている。警察は同じ犯人による複数の被害が出ているとみられている。(10月5日)

 ピエロのマスクの ひき逃げ犯逮捕

サンタクルーズで9月24日に起きた、自転車の男性がピックアップトラックに追突されたひき逃げ事件の容疑者の男が逮捕された。警察が1日に市内ホテルの駐車場で、ひき逃げに使用されたトラックを発見、目撃証言で犯行当時に運転手がつけていたというピエロのマスクも車内にあったという。市内在住のジェレミー・アネシート容疑者(28)は、被害者の男性とは別の人物を狙っていたとみられ、殺人未遂で逮捕された。(10月5日)

 世界最大の卒アル CSUが制作

カリフォルニア・ステート大学(CSU)システムの卒業生が、今年300万人を超えることを記念して、新しいキャンペーン、題して「世界で最大のイヤーブック」の制作が発表された。このキャンペーンでは、全キャンパス23カ所の全卒業生を招待し、「クラス・オブ3ミリオン」のプロフィールを作るよう呼びかけられるという。CSUの学長は、「卒業生が300万人を超えるというのは、州内、国内、海外で活躍する卒業生全員を讃えるチャンスにもなる記念すべき出来事だ」とした。(10月4日)

 窓拭きゴンドラ 19階で停止

オークランドのビルで窓拭きの作業中に、ゴンドラの故障で取り残された作業員2人が無事救助された。オークランドのダウンタウンにある、シティセンタービルで2日の朝、窓拭き作業用のゴンドラを上下させるモーターが故障、作業員が24階建てビルの19階に数時間取り残されていた。ゴンドラが故障してから通報まで2時間経過していた。消防はビルのガラスを破って救助する方法を考えたが変更して、屋上からロープを伝って消防士がゴンドラまで降り、器具を使用して1人ずつ引き上げる方法で無事救助した。(10月3日)

 SF公園30カ所で 無料ワイファイ

サンフランシスコにある公園、広場、レクリエーションエリアなど30カ所以上で、10月1日より無料ワイファイサービスの提供が開始された。エド・リーSF市長は発表で、「市内の公園でワイファイが使えるようになったことは、大きなビジョンにまた一歩進むことである」とした。このサービスは、ワイファイ機器と設置費用、今後2年間の保守管理費の計およそ60万ドルを、グーグルが市に寄付したことで実現した。無料ワイファイが使用できるのは、ユニオン・スクエア、バルボア・パーク、アラモ・スクエアなどの市内各所。(10月3日)

 鶏900羽殺傷 4人を逮捕

フレズノの南部にある養鶏場に忍び込んで、900羽以上の鶏をゴルフクラブで打って殺していた若い男4人が逮捕された。逮捕されたのはフレズノ近郊のリバーデールに住む少年など15〜18歳の4人で、フレズノ・カウンティ・シェリフによると、9月20日の夜、フォスター・ファームスの養鶏場のフェンスを破って侵入し、ゴルフクラブや鈍器などで鶏を撲殺したという。フォスター・ファームスのスポークスマンによると、養鶏場には1棟に数千羽の鶏が飼育されており、この事件で殺されたのは飼育されているうちのほんの一部だが、「大きな事件と捉えている」とした。(10月3日)

 学校の理事 接近禁止命令

サンタクララのピーターソン・ミドルスクールの理事が、学校のキャンパスと校長、スタッフに近寄らないように、裁判所から仮の接近禁止命令を受けていることがわかった。クリストファー・スタンポリス(48)理事は、ピーターソン・ミドルスクールに通う7年生の息子を、放課後決められた時間を超過しても迎えにこなかったことが繰り返しあり、注意されると逆上して、校長に対して暴力的な態度をとるなどしていたという。校長は学区に宛てた手紙で、同理事が何度も脅迫的なメールを送り、学校のルールに反する行動をするため、教員やスタッフが恐怖を感じているとした。理事本人は教員やスタッフ全員とうまくやっていると述べているという。(10月2日)

 ノーベル賞受賞 パール氏死去

ノーベル賞を受賞した物理学者、マーチン・ルイス・パール氏が1日に死去したことをスタンフォード大学が発表した。87歳だった。同氏はニューヨーク出身、1948年にブルックリンのポリテクニック大学を卒業、1955年にコロンビア大学で博士号を取得した後、ミシガン大学とスタンフォード線形加速器センター(SLAC国立加速器研究所)に勤務していた。パール氏は、タウ粒子の発見により1995年度のノーベル物理学賞を受賞した。1982年にはウルフ賞物理学部門賞を受賞、200本以上の論文を発表していた。(10月2日)

 逃走犯人 民家に上がり込む

パロアルトで29日、銀行で不正な手続きをした疑いで追われていた男が、近所の民家に上がり込み、住人と仲良くなり数時間隠れていた。サンフランシスコ在住のドミニク・タブ容疑者(35)は、29日の午後5時ごろ、パロアルト市内の銀行で不正を行い、警察が到着する前に徒歩で逃走、容疑者を見失った警察は、周辺住宅に電話による警報を発信し、人相や身体的特徴を告げて捜索を続けていた。その間のおよそ4時間半の間、容疑者は60歳代の男性の家で話し込み、食事もさせてもらっていたという。容疑者は男性に駅に送ってくれるように頼み、男性と外に出たところを警官に逮捕された。(10月1日)

JFCがお薦めする日本酒七選

JFCインターナショナル サンフランシスコ支店より今だけのお買い得情報や新入荷商品のお知らせをお届けします。


JFC INTERNATIONAL INC 
サンフランシスコ支店
540 Forbes Blvd.
South San Francisco, CA 94080

Tel: 650-873-8400
Fax: 650-952-3276
WEBサイト:www.jfc.com

続きを見る…

JFC INTERNATIONAL INC 
650-873-8400
有澤保険事務所

自動車保険をはじめ、火災保険、アンブレラ、ビジネス保険、労災保険、生命保険、健康保険などを取り扱う総合保険会社です。Farmers Insurance、Blue Cross等のエージェントであり、日本語できめ細やかな安心のサービスを提供しています。

有澤保険事務所
(408) 449-4808
ベイスポであなたのお店を紹介しませんか?

最新の日系コミュニティ情報やベイエリア生活に役立つ情報満載の週刊ベイスポに新規オープン・リニューアルオープン店等、ベイスポで紹介してみませんか?
詳しくはベイスポ営業部まで。


No Reproduction or republication without written permission
Copyright © BAYSPO, Inter-Pacific Publications, Inc. All Rights Reserved.